医者と結婚したい

MENU

医者と結婚したい人の心構え

結婚相手を探している医者のイメージ

医者と結婚したいと考えている人は多いですが、実際にどんな仕事をしているかを理解せず、年収やステータスで評価をしている女性が非常に多いです。サンマリエやゼクシィ縁結びカウンターなど、大手の相談所では職業を限定したお見合いパーティーを開催しているため、参加して実際に医者と話したことがありますが、意外にも相手の女性に求めるのは、仕事に対する理解でした。

 

診療科にもよりますが、医者は勤務時間だけ見ると、はっきり言ってブラック企業に近いものがあります。きちんとした休みが取れる職場は非常に少ないですし、急患などでせっかくの休みがつぶれてしまうことも珍しくありません。

 

そのため、付き合っているときにもデートをキャンセルされたり、予定が合わずになかなか会えないということも多いです。勤務医で定時に帰宅できる人でも、研修や付き合いなどで家を空けることが多く、付き合っているときには我慢できていても、実際に結婚すると仮定をおろそかにされているように思えて夫に当たる人も少なくありません。

 

また、年収が多いので結婚したいと考える人もいますが、都会の勤務医などは下手をすると看護師よりも発給になることがあり、実際に結婚したいと考えていた女性に収入が理由で振られてしまったというケースもあるほどです。

 

婚活パーティーなどで話をすることがあったら、ライバルが多いので差別化を図ることは難しいですが、家庭的で安心できる女性をアピールしたほうがよいでしょう。以外にも、医者は希望していないタイプから言い寄られることが多いらしく、実際控えめにしていたら、かえって向こうから声をかけてくることが多かったです。相手に合わせて高価な服装をするのもあまりお勧めできず、むしろ品質が良く手ごろな価格のものを上手に着こなす方が好感度が高いです。


医者と結婚したいならここがお勧め

医師と結婚したい場合、アピールの方法は家庭的な女性をイメージするとして、出会いのきっかけを作る必要があります。医療従事者であれば職場で多くの出会いがありますが、全く医療とは関係のない職場に勤めている人の場合には、フェリーチェやノッツエ、フィオーレなどの職業別のお見合いパーティーをしてくれるところを探してみるとよいでしょう。

 

医師のようなステータスの高い人が集まるパーティーは、胡散臭さを感じるという人も少なくありませんが、看護師などからの金目当てのアプローチに嫌気がさして、全く関係ないところで出会いを求めているという意思も少なからず存在します。ただ、確かにサクラを多く紛れ込ませている悪質な業者もいますので、これまで挙げたような信頼できるところから選んだ方が安心です。

 

なお、あまり積極的な女性やお金目当てなのがあからさまな女性が嫌がられるのはもちろんですが、医師は自分自身にプライドも持っていますので、ある程度レベルの高い女性を求めることが多いです。ファッションは安すぎず、ブランドものばかりを使わずに上品でセンスの良いものを選び、このときにはきちんとプロの力を借りて、自分に似合うヘアメイクもしておきましょう。

 

パーティーによっては、個別に話ができる機会を設けてくれるようなところもあります。こちらは一対一で医師に自分をアピールできるチャンスですので、きちんと自分がイメージする女性像をアピールしておきましょう。ただ、ある程度まとまった時間で会話をするときには、こちらからアピールを積極的にするよりも、相手の話を楽しそうに聞く態度の方が感触がよかったです。

 

医師は女性からもてると思われがちですが、結婚相手に関しては保守的な考えを持つ男性が多いので、相手を立てながら話を進めていくとよいでしょう。